千葉県で空き家バンク制度のある市町村のまとめ

千葉県で空き家バンクのある市町村

ここには千葉県内で独自に空き家バンクを運営している自治体を私が確認できた範囲でまとめてみました。

地域区分:中央地域

○市原市の空き家バンク

工場地帯と里山風景、両方が混在する地域ですが空き家バンクは平成25年から始めているようです。

市原市の空き家バンク(https://www.city.ichihara.chiba.jp/kurashi/sumai/akiyabank/index.html)

温暖な気候と海・山の幸に恵まれたいちはらの土地は、縄文・弥生時代を通じて遺跡がおよそ2,500か所、貝塚が45か所あります。
房総の地は良質の麻(昔は総と呼ばれていた)がたくさん採れたことから、総の国と呼ばれました。大化の改新の後、いちはらに上総国府が置かれ、文化や行政の中心として栄えました。
江戸から大正時代にかけては、本市を縦貫する養老川は、物資輸送の幹線として利用されました。

明治22年、大規模な町村合併によって172村が1町20村に統合されました。
蘇我・姉ヶ崎間に鉄道が開通したのが明治45年3月。大正14年3月には小湊鉄道の五井・里見間が、昭和3年5月に中野まで全通しました。昭和32年から臨海部は埋め立て造成が行われ、わが国有数の工業地帯となりました。

昭和38年5月、五井、市原、姉崎、市津、三和の5町が合併して市原市が誕生。さらに昭和42年10月、南総町、加茂村が合併して1郡1市の今日の姿になりました。

出典:https://www.city.ichihara.chiba.jp/

○佐倉市の空き家バンク

千葉県内の空き家バンクでは活発に動いていて自治体のやる気を感じます。

youtube動画

佐倉市は、千葉県北部、北総台地の中央部にあり、都心から40km、成田国際空港には15kmに位置します。 年間の平均気温は15℃前後で比較的温暖な気候に恵まれており、印旛沼周辺、佐倉城跡周辺、 または東部、南部の農村地帯などには豊かな自然が残っています。

出典:http://www.akiya-navi.com/sakura_akiya_bank/guidance.php

佐倉市の空き家バンク(http://www.akiya-navi.com/sakura_akiya_bank/)

○八街市の空き家バンク

千葉県の中では佐倉、成田市と同様に冬の冷え込みが厳しい地域。

平成26年から所有者と利用希望者間の媒介等は一般社団法人千葉県宅地建物取引業協会印旛支部が行っているようです。

千葉県北部のほぼ中央に位置し、東京から50㎞圏
内にあり、京葉工業地帯20㎞、成田国際空港10㎞の
位置にあります。
東は山武市に接し、南は東金市・千葉市に接し、西
は佐倉市、北は酒々井町・富里市に接しています。
広ぼうは、東西に狭く約7.7㎞、南北に長く約16㎞、
面積は74.94㎢です。
市中央は市街地をなして、周囲に平坦な畑作地帯が
広がり、南西部および北部に水田地帯が点在し、地
質は第四期古層で形成されています。

出典:https://www.city.yachimata.lg.jp/uploaded/attachment/7924.pdf

八街市の空き家バンク(https://www.city.yachimata.lg.jp/soshiki/24/1632.html)

○東金市の空き家バンク

こちらもまだ立ち上げたばかりのようで、物件数は1件のみでした。

東金市は、東京都心まで約50キロメートル、千葉県のほぼ中央部に位置しています。 人口は約6万人で温暖な気候に恵まれ、平野部は良質な田園地帯が太平洋に向かって広がり、丘陵地は山武杉の森林に覆われています。

古くは江戸時代、徳川家康の鷹狩りのために「御成街道」が造られたことにより、 この地に宿場町と近隣の農産物が集まる問屋街とが形成されました。 以降、東金は物流の集散地としてにぎわうようになり、九十九里地域の中核都市として発展しました。 現在では、国道126号線と千葉東金有料道路、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)をつなぐ交通の要衝となっています。

出典:http://www.city.togane.chiba.jp/

東金市の空き家バンク(https://www.city.togane.chiba.jp/0000005297.html)

○大網白里市の空き家バンク

こちらもまだまだ少ないです。1件でした。

大網白里市は、東京都心から50~60キロメートル圏域に位置し、九十九里平野のほぼ中央にあります。
西は緑豊かな丘陵部、中央は広大な田園部、東は白砂青松の海岸部という特色ある豊かな自然を持つ風土を有しています。

出典:http://www.city.oamishirasato.lg.jp/

大網白里市の空き家バンク(http://www.city.oamishirasato.lg.jp/0000008042.html)

地域区分:西地域

○我孫子市の空き家バンク

私が調べた時点では登録物件は0でしたが、一応空き家バンク制度はあるようです。

我孫子市の空き家バンク(https://www.city.abiko.chiba.jp/kurashi/sumai/seido/abikoshi_akiyabanku.html)

千葉県の北西部、北は利根川、南は都心から一番近い天然湖沼「手賀沼」にはさまれており、東京都内から約30キロメートル圏に位置しています。

平成27年3月にJR上野東京ラインが開業し、我孫子-東京間は最速38分で結ばれています。

出典:https://www.city.abiko.chiba.jp/

○野田市の空き家バンク

個人的には都会なイメージの野田市ですが空き家バンク制度もあり、物件も数件登録されていました。

野田市の空き家バンク(http://www.city.noda.chiba.jp/kurashi/anzen/bouhan/1000322.html

野田市は、面積103.55平方キロメートル。地形的には、市の最北端部で利根川、江戸川が分流し、東を利根川、西を江戸川、南を利根運河によって、三方を河川に囲まれる市となります。この堤防上を一周すると約60キロメートルあり、サイクリングコースとして、散歩やジョギングなどにも最適の自然環境です。

出典:http://www.city.noda.chiba.jp/

○成田市の空き家バンク

成田市は平成30年6月1日から始めたばかりのようで、調べた時点での物件数は1件でした。

成田市の空き家バンク(http://www.akiya-navi.com/unari_akiya_bank/)

成田市は、千葉県の北部中央に位置する中核都市です。
北はとうとうと流れる利根川を隔てて茨城県と接し、西は県立自然公園に指定されている印旛沼、東は香取市と接しています。
市の西側には根木名川、東側には大須賀川が流れ、それらを取り囲むように広大な水田地帯や肥沃な北総台地の畑地帯が広がっています。北部から東部にかけての丘陵地には工業団地やゴルフ場が点在し、南には日本の空の玄関口・成田国際空港があります。
また、市の中心部である成田地区は1000年以上の歴史がある成田山新勝寺の門前町として栄え、毎年多くの参詣者でにぎわいます。市内にはほかにも数多くの寺社が点在しており、豊かな水と緑に囲まれた伝統的な姿と国際的な姿が融和した都市です。

出典:https://www.city.narita.chiba.jp/

○印旛郡栄町の空き家バンク

住宅補助制度なども充実している栄町です。
空き家バンク制度では空き家を登録すると登録奨励金として2万円の支給があるようですから他の自治体よりも利用するメリットが高いところはさすがや、栄町です。

栄町については移住するならどこ? 『千葉県のお得な移住先候補地 ベスト3!!』

の記事でも番外でご紹介しましたが移住者、定住者の確保に向けての活動が千葉県内では群を抜いてユニークで活発だと思います。

栄町の空き家バンク(http://www.town.sakae.chiba.jp/index.php?code=3120)

「房総のむら」や「房総風土記の丘」をとおしてみるさかえは、自然と歴史が息づいている穏やかな風景のあるまちです。
それは、言わば「歴史の風」でもこの町には「新しい風」も感じます。「ふれあいプラザさかえ」をはじめとして、交流やふれあいが広がっているまち。日本初のスーパー堤防や町単独の下水道など先進的な事業が進むまち。
それらすべてが、爽やかな風と一体になって私達を優しくつつみます。

出典:http://www.town.sakae.chiba.jp/

地域区分:東地域

○香取市の空き家バンク

「佐原の大祭」は関東三大祭りのひとつでもあり、見所満載の香取市でも空き家バンク制度を取り入れています。

東京から70㎞圏、千葉市から50㎞圏内にありながら、これぞ日本の原風景と思わせられる田園風景。自然と水に恵まれた環境へ移住というのも検討の価値ありですね。

香取市の空き家バンク(http://www.akiya-navi.com/katori_akiya_bank/)

 香取市は、千葉県北東部に位置し、東京から70㎞圏、成田空港から15㎞圏内に位置しています。 北部には利根川が東西に流れ、その流域には水田地帯が広がり、 古くから水郷の早場米産地として知られています。 南部は山林と畑を中心とした平坦地で、温暖な気候と肥沃な農地に恵まれ、 国内有数のさつまいもの生産地であり、他にも、マッシュルーム、ぶどう、梨などさまざまな農業が盛んに行われています。
香取市では行事も盛んに行われ、桜つつじまつり、鯉のぼりまつり、あやめ祭り、いも祭り、 7月と10月には、国指定重要無形民俗文化財にも指定された佐原の大祭など、四季折々の行事が盛大に行われます。

出典:http://www.akiya-navi.com/katori_akiya_bank/

○銚子市の空き家バンク

全国屈指の水揚げ量を誇る銚子漁港で有名な銚子市でも空き家バンク制度はありましたが、調べた時点では登録物件数は0でした。
やはり銚子市に限らずですが、空き家を売買や賃貸で再活用するには、リフォーム費がかさんだりするでしょうし、なかなかうまく行かない事情もあるのでしょうね。

銚子市の空き家バンク(https://www.city.choshi.chiba.jp/sisei/teiju/akiyabank.html)

 銚子市は、東京から約100km、東経140度49分、北緯35度44分、関東平野の最東端に位置しています。
北は利根川を隔て茨城県の神栖市に対し、東から南は太平洋に臨み、利根川沿い北西方面は東庄町と、太平洋側南西方面は旭市と接しています。
面積は84.20平方キロメートル。沖を流れる暖流・寒流の影響を受け、夏は涼しく冬は暖かい気候です。

出典:https://www.city.choshi.chiba.jp/

○匝瑳市の空き家バンク

匝瑳(そうさ)という地名は聞き慣れないものですが、平成18年まで八日市場市と匝瑳郡野栄町が合併する際、両市町のアンケートでも1位だったこともあり、現在の匝瑳市が誕生したそうです。

匝瑳市の空き家バンク(https://www.city.sosa.lg.jp/page/page000264.html)

平成18年1月23日、八日市場市と野栄町が合併して「匝瑳市そうさし」が誕生しました。

匝瑳市は、千葉県の北東部に位置し、東京からは70km圏、成田空港からは車で30分の距離にあります。市の中心部をJR総武本線と国道126号が東西に走り、成田方面とは国道296号で結ばれています。
市の総面積は、101.52平方キロメートルで、みどり豊かな恵まれた自然と歴史のある街です。
市の北部は、谷津田が入り組んだ複雑な地形の台地部となっており、里山の自然が多く残されています。南部は、平坦地で市街地を除いてほとんどが田園地帯となっており、白砂青松の続く九十九里海岸に面しています。
気候は海洋性の温暖な気候で、年間平均気温は15度、東京周辺に比べると、夏涼しく冬暖かい、とても過ごしやすい土地柄です。冬でもほとんど降雪は見られません。

出典:https://www.city.sosa.lg.jp/

○香取郡東庄町の空き家バンク

こちら人口1万4千人弱の町ですが、空き家バンクの登録物件の中には掘り出し物件がみつかるかもしれません。

香取郡東庄町の空き家バンク(http://www.town.tohnosho.chiba.jp/akiya/index.html)

東庄町は、千葉県北東部、東京から約80キロメートル圏、成田から約30キロメートル圏の位置にあり、東は銚子市、南は旭市、西は香取市と接し、北は利根川を隔てて茨城県神栖市と接しています。
東庄町の面積は、46.25平方キロメートルで、地形は、東西に約9キロメートル、南北に約10.5キロメートルの台形状をなしています。
気候は温暖で、平均気温は約16度、冬の間は東京より2~3度暖かく、夏は逆に涼しい町です。北西には八溝山地の末端にある筑波山を臨み、本町を含む一帯は水郷筑波国定公園の区域に属しています。
町の中央は北総台地の一角をなし、標高の最高地点は小南城山地先で56.5メートル。また、北部・南部に傾斜し低地を形成し、最低地点は笹川港付近で1.6メートルとなっています。低地は水田に利用され、台地は斜面が森林に、上部の平地は畑作に利用されています。
集落は、笹川地区が国道356号沿いに街区を形成しているほか、それぞれの地区では集落形態で分布しています。

出典:http://www.town.tohnosho.chiba.jp/

地域区分:南地域 は次のページへ

次ページへどうぞ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする