千葉で田舎暮らし。移住するならどっち?「館山市」と「いすみ 市」を比べてみよう!!【その1 基本情報編】

こんにちは、田舎暮らしに憧れるsoraoです。

今回は首都圏で田舎暮らしするならどこが良いかな~?

と考えて見たとき、数ある移住先候補の中から外せない街。千葉県は「いすみ市」と「館山市」の比較をしてみたいと思います。

宝島社の出版する「田舎暮らしの本」は知る人ぞ知る田舎暮らし情報満載の本ですが、今年の2月号では第六回目となる「住みたい田舎ベストランキング」という特集を組んでいます。

今までのランキングでも「いすみ市」、「館山市」は関東エリアではよく上位に挙がる市ですので、いったいどの辺が魅力的なのか?と気になりました。

今回はまず、基本的な情報を見ていこうと思います。











基本情報

 館山市いすみ市千葉市
(比較対象として県庁所在地のある市)
人口
年少人口率(15歳未満)
46,471人(2017年)
10.64%
37,442人(2017年)
9.29%
975,140人(2017年)
12.73%
面積110.05㎢157.5㎢271.77㎢
人口密度422人/㎢238人/㎢
3,588人/㎢
年間平均気温15.88℃15.4℃15.6℃
学校数小学校 10
中学校 4
小学校 10
中学校 3
小学校 115
中学校 61
保育園・保育所・こども園(私立・公立合計)1014(内、一カ所は保育を必要とする事由の要らないこども園)42(内、22園は保育を必要とする事由のいらないこども園)
地価平均3万1633円/㎡
10万4572円/坪
1万5276円/㎡
5万0500円/坪
14万3494円/㎡
47万4361円/㎡

※概ね2017年時点のデータです

まずは基本情報です。
人口は2017年のデータで、9000人くらい館山が多くなっていますが、常に変動しているので総人口はそれほど大差はないでしょう。

人口密度は館山市が少し高いですね。しかし高いと言っても千葉市と比べて見ると分かりますが、のびのびできることに違いはないようです。
気温は南に位置するだけあり、館山が若干暖かいようですが、とは言え、冬場は氷点下にいくこともあるようです。
やはり関東地方ですから、本当の南国のようにはいかないのは仕方ないですね。
それでも首都圏の中では最も温暖といって良さそうです。

子連れでの移住を考える世帯が気になるのは、保育園や学校の事ですが、両市とも差はほとんど見られません。ただ、いすみ市には保護者の仕事等で保育を必要とする事由が必要ない「こども園」があるのは世帯によってはとても有り難いのではないでしょうか。

いすみ市の地理を見てみる

ここでそれぞれの位置をgoogle mapで見てみましょう

【いすみ市】

いすみ市は、平成17年12月5日に旧夷隅町と旧大原町、旧岬町の3町が合併して生まれた比較的新しい市です。

広く太平洋に面していて、全体に田園が極めて多く日本の原風景がよく見られそうです。

千葉県自体、高い山はないですが、いすみ市の最高標高点は187m。地形の種別的には「丘陵地」となるようです。

自然は多いですが山暮らしというよりは海と田畑に恵まれた暮らしとなりそうです。

大原漁港

高台からの風景

小浜八幡神社からの風景

千葉のお得な移住先候補地はこちら↓

以前、「千葉で田舎暮らし。移住するならどっち?「館山市」と「いすみ 市」を比べてみよう!!」と題して記事を書きましたが、その後私自身...

館山市の地理を見てみる

【館山市】

館山市の歴史は昭和29(1954)年5月3日にそれまで細かく分かれていた町や村が最終的に合併され誕生しました。

東京湾に面し、千葉県の南下部に位置します。

こちらも全体に標高はそれほど高くなく、最高点は210m。地形種別は「山岳地」となっています。

こちらも海に恵まれている上、緑豊かで、県立館山野鳥の森が「森林浴の森100選」、平砂浦海岸付近は「白砂青松百選」「日本の道100選」にも選ばれています。

館山湾

館山城天守閣からの館山の町

ポピーの里館山ファミリーパーク

いすみ市の交通・利便性

移住を考える際 、都心までの通勤を視野に入れている方も少なくないと思います。

場所は分かりましたが、それぞれ東京都心や千葉市内などの都市部へ、どの程度の時間で行き来できるのか見てみましょう。

【いすみ市】

いすみ市の公式ページでは東京都心から75㎞圏内、千葉市内からは45㎞圏内

電車の場合

JR外房線を利用すると東京駅まで特急では70分千葉駅までは45分で行けるとあります。

  • 大原駅→東京駅(JR外房線) (特急わかしお 72分)
  • 大原駅→千葉駅(JR外房線)→東京駅(JR総武線快速 114分)

※他にいすみ鉄道が大原から出ていますが通勤通学に利用するには現実的ではありません。

車の場合

車での都心までのアクセスは以下のルートで1時間40分~2時間位といったところでしょうか。

[いすみ市内⇔東京都心]

国道128号→九十九里有料道路→東金九十九里有料道路→東金有料道路(東金IC)→京葉道路→東京都心

県道21号線(茂原市経由)→外房有料道路(蘇我IC)→京葉道路→東京都心

このルートが時間的には速いようですが、有料道路ばかりですので下道だとさらに余裕を見る必要がありますね。

さらにアクアラインから横浜方面に行くにはこちらのルートがあります。

[いすみ市⇔川崎・横浜方面]

国道297号(大多喜経由)→首都圏中央連絡自動車道(市原鶴舞IC)→東京湾アクアライン→川崎・横浜方面

だいたい2時間弱で行けますから、田園豊かな場所に住みながら、都市部へ行き来するのも十分日帰りで行ける距離ではありますね。

館山市の交通・利便性

【館山市】

こちらは都心から100㎞圏内。

電車の場合

電車のルートは

  • 館山駅(JR内房線)→蘇我駅(JR京葉線)→東京駅
  • 館山駅(JR内房線)→千葉駅(JR総武線)→東京駅

快速線を使って2時間ちょっとで行けるようですがやはり本数が少ないです。

車の場合

館山の公式ページによると

車なら東京まで最短、アクアライン経由で約80分

横浜市内までも同じく約80分で行けるようです。

ルートは

  • 館山→館山道・富津館山道路(富浦IC)→宮野木JCT→東関東道→京葉道路→東京・千葉方面
  • 館山→館山道・富津館山道路(富浦IC)→木更津JCT→アクアライン→川崎市内→東京・横浜方面

距離的にはいすみ市よりも遠い様ですが自動車道が東京方面にまっすぐ伸びているせいか車を使うと東京も横浜も80分で行けてしまうのは便利ですね。

因みに千葉市内には70分程度で行けるようです。

館山には他にも高速バスが充実していて、東京、新宿、横浜、羽田空港からそれぞれ直通で通っていますので、こちらも便利です。

さらに、フェリーや高速ジェット線という手段もありますが、これらは通勤、通学で使うのは現実的ではないですね。

その1のまとめ

いかがでしょうか? まだまだ掘り下げて見ないとわからないところはたくさんありますが、今回は基本的なところを比較してみました。

地方ではどこでもそうだと思いますが、車での移動が多くなるのは覚悟しないと行けませんね。 それでもいすみ市にはJR外房線、館山市にはJR内房線が通っているので田舎暮らしにしては条件が良いですね。

今のところの私なりのイメージですが、いすみ市は、より長閑な暮らしや、就農希望者に向いていて、館山市は、田舎といえどもほどほどに利便性も欲しい人や漁港関係や観光業界の仕事をしたい人、老後をのんびり過ごしたい人などが向いているのかな~?といった感想を持ちました。

移住先として考えた場合、観光に行くのとは違いますから、移住した先で自分がどの様な生活を望むのかと言うところが重要だと思いますので、次回の【その2】では実際に移住した後、どのような生活になるのかに重点をおいて比較していこうと思います。

最後に次回予告としてそれぞれのPR動画を「全国移住ナビ」よりご紹介しておきます。

【いすみ市のPR動画】

(出典:総務省ホームページ)

【館山市のPR動画】

(出典:総務省ホームページ)



続編はこちら↓

こんにちは、田舎暮らしに憧れるsoraoです。 昨今では田舎暮らしを考える人も少なくないようですが、いきなり都市部から山の中や遠く離れた地...

千葉のお得な移住先候補地ベスト3はこちら↓

以前、「千葉で田舎暮らし。移住するならどっち?「館山市」と「いすみ 市」を比べてみよう!!」と題して記事を書きましたが、その後私自身...

東京からほど近い田舎、千葉へ移住しようとしただけでぶち当たった壁の話はこちら↓

https://ruppatiti-rupam.com/ijuunokabe/







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする